So-net無料ブログ作成
検索選択

笑っていいとも ゲスト [日本のリーダー]

スポンサーリンク



笑っていいともの次の番組はすぐ終わるでしょうか。 笑っていいともの次の番組はすぐ終わるでしょうか。 - 回答 - 「笑っていいとも」も、スタート当初はしばらくの間、低空飛行であり、いつ終わってもおかしくない状態でした。 前身の「笑ってる場合ですよ」が、当時の漫才ブームに乗っかった人気芸人達で構成されたのに対し、深夜のディープなイメージの強かったタモリがメインというのは、それが昼の時間帯に浸透するまでにかなりの時間を要したようです。 ブームに陰りが見えていたとは言え、まだまだ数字は獲れていた「笑ってる場合ですよ」のプロデューサー・横澤彪は、楽屋裏での出演者の話が女とギャンブルくらいのレベルの会話しかなく、この先、芸人達の【芸が荒れる】事を見越し、無惨な最後を迎える前に自ら番組に終止符を打ちました。 代わって横澤彪Pが立ち上げたのが「いいとも」であり、タモリの柔軟性とインテリジェンスに期待を寄せたのです。 低視聴率だった事もあり、局内からも様々な批判があったようですが、横澤氏の中には【必ず当たる!】という確信めいたものがあったようで、辛抱強く関係各所を説得して回ったそうです。 当時のテレビ局やスポンサーにも、それを許す位の余裕や器がありました。 現代は、直ぐに結果を求める時代です。 それに対抗出来る、説得出来るだけのプランや能力が、今のTVマンにあるのかどうか、時代が厳しくなっている現状、最初は物珍しげに観られていたとしても、強力なコンテンツを造り上げる能力があるのかどうかについては甚だ疑問です。 流行りものを追いかけたり、人気タレントを配するだけで数字を獲れるのなら、各テレビ局も苦労しないでしょう。 追記…いいとも終了の直接の原因は視聴率低下と時代の変遷ですが、その要因にあるのは作家をはじめ、スタッフ全体の熱意と能力の低下です。 月~金の毎日の繰り返しが惰性化を生み、何故タモリがMCなのかの当初の構想もいつの間にか薄れ、コーナーを用意してタレントを嵌め込むだけの安易な番組になり、タモリ自身もその空気を敏感に感じ取り、口には出さないがそろそろ幕引きの時期に来た事を理解していたようです。 (この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました) チョット時代遅れのトレンドアフィリエイトを実践してます。 アドセンス、楽天で収入を考えている方は、 私の実践ブログですので参考にしてください。   ↓ こんな無料動画を探しました。 ↓ ネットで稼ぐブログの作り方 無料ブログの何の変哲もない作り方ですが、役に立ちます。 出来たブログがどのように、活用すると収入になるのか、 いろいろな稼ぎ方がある中で、私のやっている方法を紹介いします。 最初から稼ぐにはトレンドアフィリエイトがよいです。  ↓ トレンドアフィリエイトは、アドセンスか、楽天のバナーを張って、クリックを待ちます。 実物のブログを見れるように、アンカーテキストで紹介します。 広告 宣伝 放浪記 自動車 広告 宣伝 放浪記 笑い、面白動画、トレンドをシリーズでお届けしています。 笑って稼げるかなー 放浪記 ノリタン。 サイト所有者:放浪記 ノリタン ceremo700@yahoo.co.jp   ↓

スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。