So-net無料ブログ作成
検索選択
SMAPファン ブログトップ

SMAPファン舞祭組のMステ [SMAPファン]

舞祭組のMステ今見てるけど、 SMAPファンなのになんか4人が観客と一緒に踊ってる姿感動 舞祭組の動画先だよね。↓ SMAP中居、 「舞祭組」 デビュー曲MVで初企画&監督 「棚から牡丹餅(ぼたもち):思いがけない好運を得ることのたとえ。たなぼた。」 人が畑を耕していると 兎が走り出てきて畑の中の切り株にぶつかり首の骨を折って死んだ。 以来再び兎を得んと鋤を放り出し、 その株のところで待ち続けたが兎を得ることは無く笑いものになった。  昔、中国の宋国に一人の農夫がおりました。 ある日、畑で仕事をしていると突然一匹の野兎が遠くからこちらへ突進して来るのが見えました。 その兎はやみくもに走り回って、 とうとう一本の木の切り株にぶつかってもんどりうって倒れ動かなくなってしまいました。 農夫が急いで切り株のところへ行ってみると、兎は首の骨を折ってすでに死んでいました。 彼はこれは儲けものをしたと大いに喜んで、その死んだ兎を拾い上げ、家へ持って帰りました。 その晩は兎を料理して、肉をたら腹食べることができました。それはそれは美味しい肉でした。  二日目に農夫は農具を放り出して、もう農作業は止めてしまいました。 そして例の切り株のそばに座ったまま兎が来るのをじっと待っていました。 彼は、又野兎が切り株にぶつかって死に、 それを持ち帰って料理し、お腹いっぱい食べることを期待していたのです。  一日が過ぎ、二日が過ぎ、十日が過ぎて、半月が過ぎましたが、 農夫は切り株にぶつかって死ぬ二匹目の兎を得られないばかりか、 自分の田地もすっかり荒廃してしまい何も収穫することができませんでした。  このことはあっという間に宋国全体に広く伝わり、人々の笑の種になりました。  そもそも野兎が切り株にぶつかって死んだのは非常に稀なことであったのですが、 この農夫はその偶然を必然と思い込み、 あろうことか本来の仕事である農作業さえ放棄してしまい、 その偶然の出現を待っていたのです。 動画あるかな。棚からぼた餅が降る國 福井 ↓
SMAPファン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。